規 格 名 称 種 類 摘 要
JIS G 3101 一般構造用圧延鋼材 SS330,SS400,
SS490,SS540
橋,船舶,車両その他の構造物に用いる一般構造用の熱間圧延鋼材
JIS G 3106 溶接構造用圧延鋼材 SM400A,SM400B,SM400CSM490A,SM490B,SM490C,SM490YA,SM490YB,SM520B,SM520C,SM570 橋,船舶,車両,石油貯槽,容器その他構造物に用いる熱間圧延鋼材であって、特に溶接性に優れたもの
JIS G 3114 溶接構造用耐候性熱間圧延鋼材 SMA400AW,SMA400AP,SMA400BW,SMA400BPSMA400CW,SMA400CPSMA490AW,SMA490AP,SMA490BW,SMA490BPSMA490CW,SMA490CPSMA570W,SMA570P 橋,建築,その他の構造物に用いる溶接性を考慮した耐候性熱間圧延鋼材
JIS G 3125 高耐候性圧延鋼材 SPA-H 16mm以下の熱間圧延鋼板
SPA-C 0.6mm以上2.3mm以下の冷間圧延鋼板
JIS G 3128 溶接構造用高降伏点鋼板 SHY685,SHY685N,SHY685NS 圧力容器,高圧施設その他の構造物に使用する鋼板で溶接性がよく、引張強さが780N/mm2,耐力が685N/mm2級の熱間圧延鋼板
JIS G 3131 熱間圧延軟鋼板 SPHC 一般用
SPHD 絞り用
SPHE 深絞り用
JIS G 3141 冷間圧延鋼板 SPCC 一般用
SPCD 絞り用
SPCE 深絞り用
JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板 SGHC,SGCC,SGCH 97%以上の亜鉛を含むめっき浴(ただし、通常アルミニウムを0.3%以下とする)において両面等厚の溶融亜鉛めっきを行った鋼板
JIS G 3303 ぶりき及びぶりき原板 SPB,SPTE,SPTH 呼び厚さ0.15mm〜0.60mmの低炭素鋼一回圧延のぶりき及びぶりき原板、並びに呼び厚さ0.14mm〜0.36mmまでの低炭素鋼二回圧延ぶりき及びぶりき原板
JIS G 3313 電気亜鉛めっき鋼板 SEHC,SECC,SEHD,SECD,SEHE,SECE
JIS G 3314 溶融アルミニウムめっき鋼板 SA1C,SA1D,SA1E,SA2C
JIS G 3315 ティンフリースチール SPTFS 冷間圧延によって製造した原板に電解クロム酸処理を施した呼び厚さ0.15mm〜0.60mmの低炭素鋼一回圧延のティンフリースチール及び呼び厚さ0.14mm〜0.36mmまでの低炭素鋼二回圧延のティンフリースチール
JIS G 3317 溶融亜鉛−5%アルミニウム合金めっき鋼板 SZAHC,SZACC,SZACH 約5%アルミニウム及び残部亜鉛からなるめっき浴において溶融めっきを行った鋼板
JIS G 3321 溶融亜鉛55%アルミニウム−亜鉛合金めっき鋼板 SGLHC,SGLCC,SGLCD 約55%アルミニウム,1.6%シリコン,残部亜鉛を標準組成とするめっき浴において、溶融めっきを行った鋼板
JIS G 4304 熱間圧延ステンレス鋼板 SUS オーステナイト系,フェライト系,マルテンサイト系
JIS G 4305 冷間圧延ステンレス鋼板 SUS オーステナイト系,フェライト系,マルテンサイト系
テストピース
鉄鋼材テストピース

試験機器・テストピース専門メーカー

T.P GIKEN
商品案内
会社案内
Top Page